スポンサーリンク

【13話】海で黒ビキニJKの巨乳姪と生ハメセックスするおじさん【エロ小説】

【エロ小説】ダウナー系巨乳JKの姪が俺の青春コンプレックスを刺激してくる… ダウナー系巨乳JKの姪が俺の青春コンプレックスを刺激してくる…

トロトロと蜜を垂らす二つのメス穴に引き寄せられ、チンポをおっ立てにじり寄る。

肉棒が二つあれば二人同時に挿入したいところだが、そうもいかないので最初に味わうオマンコを選ばねばならない。となると──。

「まずは、美緒からだ」

「んっ、いいよ……おじさんの勃起おちんぽ、とろとろになってるJKおまんこに挿れて♡」

男性器を迎えるようにクパッと口を開いたピンク色の粘膜穴。ぬかるんだ糸を引く肉唇の狭間に膨れた亀頭を当てがい、ゆっくりと挿入する。

ずぷぅっ、ずぷぷぷっ──!

「んぅゥッ♡ あっ、はぁっ……おじさんオチンポ、中に入ってきた……あぅンっ♡」

「うっ、ぐぅっ……相変わらず美緒のおまんこはキツキツだな……ッ」

美緒の喘ぎと共に肉棒が熱く蕩けた膣ヒダでニュルルッと舐め回される。

チンポから伝わるぬるっとした快感に息を呑みながら、膣奥まで埋没させたペニスの先端が子宮口を叩くと、美緒はビクンと背中を反らして更にチンポを締め付けてくるが、俺は構わず本能に従って腰を前後させる。

海で水着の巨乳JKと青姦セックスするおじさん

「あっくぅっ……! ふぅっん♡ あっ、おじさんっ、んっ……いきなりっ、オチンポで奥でゴリゴリって、はげしっ……ンアぁっ♡」

「こんな男を誘うような匂いを撒き散らす発情オマンコは、悪い虫が寄ってこないようにおじさんがしっかり栓をしてやる!」

「んぅぅっ! あっ、あぁアッ♡」

膣粘膜にしごかれて更に硬くなった肉棒をズプンッ、ズプンッと根本まで激しく突き立てると、勢いよく揺れた拍子に、たわわな乳房が水着からこぼれ落ち、いやらしくブルンッ♡と揺れた。

「あっんッ! あっ、はぁんっ♡ おじさんっ、激しっ……あぅンッ!」

「美緒のエッチなおっぱいが丸見えになっちゃったな? ほら、乳首もこんなにビンビンになってる」

たぷんっ、たぷんっと上下に揺れる乳房を後ろから鷲掴み、その柔らかな乳肉を思い切り揉みしだいてやると、腟内でヒダうねりチンポを締め上げる。

「んっ、あっ、あぁっ♡ おっぱいもっ……んくぅッ! はぁっ、んぅうっ♡」

「美緒はおっぱいを揉まれながらオマンコ突かれるの好きなんだよな? こうして乳首も一緒に責めてややれば……」

「あひっ、あぁっ♡ んぉっ……♡ んっくぅっ……はっ、あぅンっ♡」

勃起した乳首を指先でコリコリと弄ってやる。すると美緒はたまらないといった様子で甘い嬌声を上げ、膣内をキュンキュンッと収縮させてチンポを食いちぎらんばかりに締め付けてくる。

「ぐぅっ! こんなふうに男を誘惑するスケベなJKオマンコはこうだ!」

ここまできたら野外だろうが関係ない。人に聞かれたとしても知ったことだと、思い切り美緒のメス尻に腰をズパンッ!と叩きつける。

「んぉおぉっ♡ おっぉおっ、おぉっ♡ おちんぽの先っ、子宮口の中に……んふぅゥッ♡ おッんぉぉ♡」

「おぁッ! 入口が吸い付いてきて……くッ、美緒のスケベなオマンコはおじさんのちんぽが大好きみたいだな!」

何度も体を重ねて弱いところを知られているのはお互い様だ。いつもクールで淡白な美緒だけど、こうやってチンポで赤ちゃんの部屋をねちっこく突いてやれば、普段の彼女からは想像できない熱く湿った喘ぎ声を上げる。

「んぉッ♡ おっ、おぉっ……おじさんのおちんぽぉっ、好きぃっ♡ ひぁっ、あぁっ……オマンコのなかっ、おじさんの勃起おちんぽでゴリゴリされるの気持ちいいよ♡」

「はぁっ! はぁッ! 外でそんな大声出して……もし美緒のエッチな喘ぎ声を誰かに聞かれちゃったらどうするんだ、悪い子め!」

ズブッ、ズブプッ、ヌプッ、ズプンッ──ッ!

「おぉおぉッ♡ んぉぉっ♡ ンおっ、んふゥゥッ♡」

挿入するたびに気持ちよさが増していく発情女子高生オマンコ。夏の野外という開放感も相まって、いつもより荒々しい腰使いで膣壁をえぐってやると膣肉が喜びにうねる。

背後から肉棒でメス穴をえぐられる美緒は、はしたなく大きな乳房をタパンッタパンッと揺らしながら、メスの鳴き声を漏らした。

夏の陽射しと体の内側から湧き上がる熱気で頭の中が茹で上がりそうだった。

腰を打ち付けられブルンッ波打つ尻肉に、顎を伝う汗の雫がポタポタと垂れ落ちる。

熱トロのおまんこ粘膜の中を出入りするチンポは蕩けてしまいそうな快感に震え、精巣からどろりとした滾りが込み上げてくる。射精してしまうのも時間の問題だった。

「はぁっ、あぁっ♡ おじさんっ……もうっ、イキそう? おちんぽミルクびゅるびゅるしちゃう?」

「あぁッ! たっぷり中出ししてやるからな!」

「んっ、いいよ……出して♡ オマンコのなかっ、おじさんのドロドロザーメンで女子高生の子宮のいっぱいにして♡」

美緒はそう言って、膣肉でペニスを締め付けてきた。

「くッ、おぉっ……!? 美緒っ!」

「あぅっ♡ んっ、はぁうっ……♡」

いきなりの膣ヒダのうねりに思わず腰が引けてしまう。それでも歯を食いしばって、ラストスパートの高速抽送でキツイ膣内を肉棒で抉る。

ズチュッ、ズプゥッ! ズボッ、ジュボッ! ズプンッ──!

「んっ、あぉっ♡ おっ、おぉっ……おじさんオチンポ、すごっ……わたしもっ、もう……ンふぅぅっ!」

「ぐぅっ! 出すぞ! 生チンポ射精で美緒の赤ちゃんの部屋、俺のザーメンでぐちょぐちょにしてやる!」

狙いを外さないように、亀頭で子宮口をこじ開けると、今から女の一番大事なところを犯されようとしているメスの体がビクンッと反応する。

「んぉッ♡ おっおぉっ、イクッ……♡ わたしもイっちゃう……! おじさんのオチンポでイッちゃうぅっ! あぉっ、おぉおおぉぉォっ♡♡」

「ぐぅぅっ! 出るぅぅっ!!!」

美緒が絶頂寸前まで昂ぶったところで俺も限界を迎えた。子宮口に亀頭を密着させ、押さえていた奔流を思い切り開放してやる。

ビュルルッ! ドピュッ! ビュクッビュルルルッ! ドピュッ! ドピュゥッ──!!!

「あひぃぃっ♡ んぉぉっ♡  熱いっ……おじさんのザーメン、子宮にいっぱい出てっ、おっ、おほぉぉ♡」

チンポが脈打ち、尿道を駆け上がった精液が美緒の赤ちゃんの部屋に直接注がれる。その熱さと勢いにメスイキした少女は背筋を仰け反らせて絶頂する。

「おぉぉッ! あぁっ、あぁあッ♡ イクっ、イッてるぅ……おじさんの精子で子宮の中いっぱいにされてイっちゃってるっ♡♡」

「くっううっ……! すごい締め付けだ。美緒のオマンコがギチギチにチンポを咥えて、精液搾り取られる……ッ!」

発情JKの膣肉で搾精される気持ちよさに呻きながら、ビュルッビュルッと美緒の体内に俺のものを注ぎ込む。

二人の性器が溶け合うような快感はすさまじく、射精が終わっても俺は美緒の腰にしがみついたまま動くことができなかった。

「はぁ……はぁっ、おじさんのオチンポミルク、いっぱい出されちゃったね……♡」

「ああ……ふぅっ、すごい、出たな……」

ようやく落ち着いてチンポを引き抜くと、膣口から大量射精した証の白濁液がゴポッと溢れ出た。

「んっ……おじさんの精液、こぼれちゃう……」

美緒はそう言って、ザーメンが垂れ落ちようとする入り口を指で抑える。その姿がやたらエロくてまた興奮するというか……。

股間を見ると、俺の息子は射精したばかりだというのに、まだまだ元気いっぱいに反り返っていた。

そりゃあそうだ、だってすぐそばには、俺と美緒のセックスを見ながらオナニーしていた爆乳JKが、物欲しそうな顔をしてこちらに熱い視線を送っているのだから。

一発抜いたところで収まるはずがない。夏の熱気がもっとヤれと言っている!

そして俺は、勃起したチンポを穂乃花ちゃんへと向けるのだった──。

【14話】海で白ビキニのお嬢様JKに中出しをキメる一般おじさん【エロラノベ】
「あぅん……おじさまぁっ」 「我慢できなくて一人でしてたの? ほら、穂乃花ちゃんのエッチなオマンコ、おじさんに見せてごらん」 ──うむ、我ながら言い方が気持ち悪いッ! しかし、こんなスケベに体を火照らせた巨乳JKを前にしたら、おじさんは気持...
タイトルとURLをコピーしました