スポンサーリンク

【4話】ロリコン教師はお風呂でJSに試される【ポルノ小説】

ロリコン教師と○学生を箱庭の学園に閉じ込めて観察してみた

さて、食堂にやって来た俺たちは愛奈のリクエスト通りカレーを作ることにした。

まずは食材を確認し、ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、豚肉、それに甘口のカレールーを調理台に並べる。

「たまたまカレーの材料が揃っていてよかったですね先生」

「ああ、そうだな」

日和の言葉に頷いてみせるが、これが本当にただの偶然なのかは疑問である。しかし、今は余計な詮索をしてもしょうがないのでカレー作りに専念しよう。

俺たちは備え付けのエプロンを身につけると、それぞれ役割を分担して調理台の前に立った。

俺がタマネギを薄切りにしながら鼻の奥がツンとするのをこらえている隣で、日和がピーラーを使ってじゃがいもの皮を剥く、そして、ちゃんと芽の部分も取ると、危なげない手つきで乱切りにしていく。

「日向は手際がいいな、家でお母さんを手伝ったりしてるのか?」

「あ、はい、簡単なことだけですけど」

「そうか、えらいな」

「そっ、そうですか? えへへ……」

感心したので褒めてやると、日和は恥ずかしそうにはにかんで俯いた。う~ん、可愛い! やっぱ良い子だよなぁ、ふだんはあまり目立たず地味な印象だけど、花の世話係をすすんで引き受けたり、クラスメイトが困っていればすぐに助けてあげたりと、今どき珍しいぐらい素直で心優しい女の子である。

毎日笑顔で「先生おはようございます」と挨拶してくれるところもポイント高いし、特定の生徒をえこひいきするのは良くないのだが、この子は推せるッ!

それに比べて──。

「メンドクサッ! なんでわたしがこんなこと、しなくちゃいけないのよ」

日和の隣では花鈴がブツブツと文句を言いながらピーラーでニンジンの皮を剥いていた。

剥き方も雑で皮が残っているし、危なっかしい手つきで切られたニンジンは大きさもバラバラ、これじゃあ火の通りがまばらになってしまう。きっと家で母親の手伝いとかしたことはないのだろう。

「じゃっぶじゃっぶじゃぶ~♪」

そして愛奈は、流し台で呑気に歌いながら米を研いでいた。うん、まあこの子はいつもこんな感じだな。

まったく見事に性格がバラバラの三人組だが、それでいて絶妙に調和が取れているから不思議だ。

それにしても、こうやって生徒とカレーを作っていると、本当に林間学校にでも来ているような気分になってくる。状況は依然として解決の糸口も見つかってないのだが、気分転換には丁度いい。

それから一時間ほど経過した頃には、テーブルの上には人数分のカレーライスが並べられ、ほかほかと湯気を立てていた。

こんな状況だが、見ているだけで腹が減ってしまう。とろけたルーと米を一緒にスプーンですくって口に運ぶと、控えめな辛みとスパイスの香りが口内にふわりと広がった。

「うん、上手にできてるじゃないか」

俺にならって三人もスプーンを動かし一口食べると、自分たちで作ったカレーの味に、しぜんと頰を緩ませた。

「ほんとだ、おいしいですね」

「おいしぃね~」

「ふんっ、まあまあね」

どうやら三人ともお気に召してくれたようだ。

それからはしばらく雑談をしながの食事が進み、皆の皿が空になったところで、俺から全員に声をかける。

「三人とも、ご飯を食べ終わったら決められた時間までに入浴を済ませるように。歯磨きも忘れずにするんだぞ」

「は~い」

「わかりました先生」

「そんなことイチイチ言わなくても、わかってるわよ」

ちなみに、タイムスケジュールは先ほどの学級会で決めたことだ。夕食は18時30分から、その後、生徒は20時30分までに入浴を済ませること、俺が風呂に入るのはその後だ。そして、生徒の消灯は22時とし、朝は7時30分に食堂に集合とした。ここまでは全員納得してくれたのだが──。

「ねえ、ほんとに明日からも授業するの? こんなときに、そんなことする意味なくない?」

花鈴が不満げに俺を見る。

そう、俺はこんな状況であっても、明日からも授業をすることを提案した。しかし、もともと勉強が嫌いな花鈴は、それよりも脱出方法を見つけるために校舎を探索すべきだと反論してきた。

もちろん、そこは時間割を調整して探索もするつもりだ。

しかし、いくら探したところですぐに脱出方法が見つかるとは限らない。そうなったとき、脱出する方法は見つからず、けれど差し迫って命の危機もない状況で生徒を自由にさせてしまえば、花鈴なんかは時間を持て余して自堕落な生活を送るだろう。教育者として、それは見過ごせない。

こんなときだからこそ、規律を守るためにもある程度は決められたスケジュールで動く必要があると俺は考えたのだ。

「けど花鈴ちゃん、わたしは授業があったほうがいいな。その方が気が紛れると思うし……」

「わたしも先生にさんせぇ~」

「むぅ……ふたりがそう言うなら、しょうがないわね……」

ふたりにも言われて、花鈴はしぶしぶ同意した。

それから食事を終えて、食事の後片付けをしたら、風呂に入った後は消灯時刻まで各自の部屋で自由に過ごすということで解散したのだった。

「はぁぁ、疲れた」

だだっ広い浴場に嘆息混じりの独り言が響く。

今は夜の九時。ようやく生徒たちの世話から解放された俺は、シャワーから噴き出すお湯を浴びながら、目まぐるしかった一日の疲れを流していた。

いやほんと、次から次に信じられないことの連続で、どうなることかと思ったが、我ながらパニックに陥ることもなく、よく冷静に対処できたものだ。

「それにしても……この風呂、うちの狭いユニットバスより断然いいな」

見上げた天井は高く、暖色のライトが仄かに照らす浴場は雰囲気も良い。それに加えて、タオルにシャンプー、ボディーソープ、髭剃りとシェービングクリームまで、アメニティも豊富に取り揃えられている。あまりに快適すぎて、得体の知れない事件の渦中にいることを忘れてしまいそうだ。

「いや、このまま無事に過ごせる保証なんてどこにもないんだ。俺がしっかりしないとな」

明日になったらまた何が起こっても不思議ではない。気が緩みそうになっている自分に喝を入れるために両手でパチンと頬を叩く。

そう、今この学園は外部から完全に隔離されており、内部にいるのは俺と幼い女子小学生三人だけ。助けは期待できない。

それはつまり……。

つまり?

考えようによっては、美少女JSに囲まれた俺だけのハーレムってことかぁ!?

とんでもないことに気づいてしまった。

そうだよ、今ここで何が起ころうとも外部からは一切手出しができない。たとえばそう、変態ロリコン教師が女子小学生に卑猥な行為をしたところで、いったい誰が止められるというのか?

つまり、俺がその気になったら、三人の少女を好き放題できるってことじゃあないか!

Oh my God!

内に秘めてきたロリへの性欲を解き放ち、野獣のごとく幼い少女に淫姦の限りを尽くして、誰も俺を止められない! 全ては俺の思うがままだ!!!

ふっ、ふふふっ……ふはははははハハハッ!!! 来た! ついに来た! 俺の時代ってやつがよぉぉぉ!!!!

────────────────なーんてネ☆

おいおい、見くびってもらっちゃあ困るぜ? 俺は確かに小学生女児のスカートの中を妄想しながらオナニーできちゃうロリコンだが、分別のあるロリコン教師なので、どさくさに紛れて、そんなエロ同人誌みたいなことはしないのだ。

ここで性犯罪を犯すのは三流のロリコンよ、一流のロリコン紳士はけっして犯罪に手を染めないのだよハッハッハッ。

「あれぇ~? 先生もお風呂入ってたのぉ?」

「ハぁッ!?」

自らをロリコン紳士の鑑だと自画自賛していた俺は、いきなり素っ裸でペタペタと浴場に入ってきた愛奈の姿に目ん玉をひん剥いた。

俺の姿を見つけてもなお、愛奈は前を隠そうともしないので、未成熟な恥部がもろに見えてしまっている。

まだ小学五年生ということもあり、体つきは幼いながらも、第二次性徴を迎えた乳房は、お碗のフタをかぶせたように、ぷっくりとしたふくらみを見せており、てっぺんにピンク色のかわいい乳首がツンと突き出している。

平たいお腹、胴体から腰にかけてのラインはストンとなだらかで子供らしいが、弾力のありそうなヒップはまあるい曲線を描き、まだ毛の生えていないツルツルの陰部では、幼いワレメが一本の綺麗な縦スジを作っていた。

ロリコン紳士を自負していた俺は、しかし、このあまりにも神々しい無修正の幼い裸を前にして、全てを目に焼き付けようと、息をするのも忘れて凝視してしまった。

「先生ぇ、どうしたのぉ?」

愛奈は固まったまま動かない俺に不思議そうな顔をしながら、無防備に近づいてきた。

うぉぉっ! ちかいっ、ちかいって! 目の前に小学生のちっぱいが、さくらんぼ色の乳首がぁぁっ!!!

イチモツに血流が集まろうとしているのを感じてマズいと思い、俺は慌てて視線を横にズラした。

「いっ、いや……なんでもないぞ! そっ、それより天野、まだ風呂に入ってなかったのか?」

「ん~、ご飯食べたら眠くなったから、ねちゃってたぁ」

ルールを決めたばかりだというのに、ほんとマイペースな子だな。しかし、だからといって追い出すわけにもいかないし……。

「あ~、次からはちゃんと時間を守るようにな」

「はぁい」

愛奈はそのまま何も気にした様子もなく、俺の隣に座ってシャワーのノブを捻った。吹き出すお湯がすべすべした少女の肌を流れていく光景につい見入ってしまう。

愛奈は俺のことを全く気にしてないようだ。ふつう、小学生とはいえ五年生にもなれば男に裸を見られるのは抵抗があるもんだと思うが……。

「天野は先生に裸を見られても気にならないのか?」

「んぅ? お家でお父さんと一緒にお風呂入るし、へいきだよぉ?」

尋ねてみると意外な答えが返ってきた。この年齢でまだ父親と風呂に入っているのは珍しい。随分と親子仲がいいのだろう。どうやら俺のことも男としては意識していないようだし、俺もなるべく愛奈の裸を見ないようにしていれば平気だろうか。

大丈夫、俺は冷静だ。たとえ隣に裸の小学生女児がいようとも、興奮して襲いかかるようなバカな真似はしない、だって俺は一流のロリコンだから!

YESロリコン!NOタッチ!

俺は魂の合言葉を唱えて心を落ち着ける。

よし、よし、大丈夫、俺は大丈夫。

そうして、昂ぶりかけていた息子が完全に沈黙したことに安堵したときだった。

「先生ぇ、洗いっこしよぉ」

「おほぉッ!?」

どうやら、俺は今からロリコン格付けチェックをされようとしているらしい。

【5話】天然美少女JSの秘密を知るロリコン教師【エロ小説】
まさか裸のJSとお風呂で洗いっこなんて……そんな所業が許されるはずがない。触れたが最後、身の破滅だ。しかし……。「先生ぇ、どうしたのぉ?」無邪気な瞳で俺を見つめる愛奈。その肌はシャワーのお湯を浴びてほんのりと赤みがさし、肉付きの薄い...
タイトルとURLをコピーしました