スポンサーリンク

【10話】おとなしいJS少女にオナニーをさせるロリコン教師【18禁小説】

ロリコン教師と○学生を箱庭の学園に閉じ込めて観察してみた

「ほら日向、もう少し足を広げて」

「ぅっ……は、はい……」

俺は日和を背後から抱きかかえる格好で座ると、制服のスカートをめくり上げられ恥ずかしそうにする少女の太ももを開かせた。

丸見えになった股間では、さっきまでイジっていたパンティが幼いオマンコにはりついてエッチなシワができている。

「あのっ、先生……やっぱり、恥ずかしいです……」

頬を赤くした日和が腕の中でもじもじと体を縮こませるが、ここまで来てやめるという選択肢はない。

「大丈夫だよ、ほら恥ずかしがらないで、先生に任せてごらん」

「は、はい、わかりました……」

頷きはするものの、それでも緊張しているようなので、いきなり直でおまんこに触ろうとはせず、まずは慣らすためにパンティのクロッチを軽く指先でサワサワと撫でてやる。

「ぁっ、んっ……ぁぅっ……」

初めて恥ずかしい場所を他人に、しかも学校の男性教師に触られて、日和はビクッと体を震わせた。

「日向はいつも、こうやってオナニーしてるんだよな?」

「んっ……はぃ、そう……です……ぁぅ」

「どうだ? 自分の指で触るのとは違うだろ?」

「はい……先生の手は大きくて、ちょっとごつごつしてて……ぅんっ」

できるだけ優しく、パンティの上らかワレメの溝を繰り返しなぞってやると、日和は切なげな声を漏らし、強張っていた体から力が抜けていくのがわかった。

しばらくほぐすように股間をマッサージしてやると、パンティのクロッチがだんだんと湿り気を帯びてくるのを指先で感じる。

「日向のここ、ちょっと湿ってきたね、エッチな気分になってきたかな?」

「うぅっ……恥ずかしい……」

そんな日和の姿が可愛くて、少しイジメたくなってしまう。

「なあ日向、女の子のお股のこと、なんて言うか知ってるかい?」

「えっ?」

「”おまんこ”だよ。言ってごらん」

「ぅっ……おっ、おまんこ……」

「そう、そのほうがエッチな感じがするだろ?」

「は、はい……」

日和は赤くなってコクコクとうなずいた。本当にかわいいなぁ、親の真似をする雛鳥みたいだ。

そろそろ頃合いと見て、俺は動かしていた手をパンティの中に潜り込ませると、クロッチの下に隠れている肉唇に指を這わせた。

「ひぅッ、んぅっ……ッ」

直に陰部に触れられ、日和が小さく悲鳴をあげる。指先にヌルリとした温かい愛液の粘り気を感じながら、そのままゆっくりとプニプニのワレメをさすってやる。奇しくもビデオの中でココアちゃんがされていたエッチなマッサージと同じシチュエーションである。

「はぅ……んっ、んふっ……ぅぁっ……」

「日向のおまんこ、エッチなお汁でヌルヌルになってるね?」

「ぁうっ……ごっ、ごめんなさい……」

「謝らなくてもいいんだよ。女の子はね、エッチな気持ちになるとオマンコから愛液が分泌されるんだ。これはいたって自然なことなんだよ。ほら、先生が日向のこともっと気持ちよくしてあげるからな?」

そう言いながら、膣口に指が入ってしまわないよう気をつけながら、ワレメの浅い場所をクチュクチュと指でかきまわしてやる。

「んぅっ、ぁっ、ぁぅっ……んっ、ふぅぅんっ……ッ」

パンティ越しよりもずっと強い刺激に、日和の口から洩れる吐息も次第に熱っぽくなっていく。

「どうだ? パンツの上から触るよりも、もっとキモチイイだろう?」

「ぁぅっ、はぃ……きっ、キモチいぃです……あぁッ」

「ほら、見てごらん、日向のおまんこから出たエッチな汁で先生の指がべちゃべちゃだ」

「ふぁぁ……」

パンティの中から手を引き抜いて、生温かい愛液にまみれた指を見せると、日和はますます赤くなる。

「このままだとパンツが濡れちゃうから、脱いじゃおうか? 大丈夫、こわくないからね。先生を信じてくれ」

「はぃぃ」

初めての体験で頭がぼんやりとしているのか、のぼせたようにふわふわとしている日和のお尻からパンティを脱がして足首までずり下ろすと、愛液でテラテラと濡れ光る小学生のおまんこが姿を見せた。

まだ子どもなのに、こんなエッチにおまんこを濡らすだなんて! 日和はイケナイ子だなぁ!

思わずむしゃぶりつきたくなる衝動を抑えながら、無防備に晒された幼いワレメをいじりつつ、おもむろに、皮をかぶった小豆を指先で軽く撫ででやる。

「ひゃぅッ!」

敏感な場所を日和は電気を流されたみたいにビクンッと大きく震えて、いままで一番大きな悲鳴をあげた。

「ここはね、クリトリスって言うんだよ。女の子はここを触られるとすごくキモチよくなっちゃうんだ」

「くっ、くりとりす……?」

「そう、ここは刺激が強いからね、自分でするときは優しく触るんだぞ?」

「はっ、はい、ひぅっ……わかり、ました……」

皮の上から少し触れる程度のクリトリス愛撫でも、小学5年生の少女には刺激が強すぎるのか、指がかするたびに小さなからだがピクンピクンと揺れ動く。感じている証拠に、膣口からは透明な愛液がトロトロと溢れ出してきた。

「おまんこぐちょ濡れだね? きもちいい?」

「は、はいぃ、おっ、おまんこ……おまんこキモチいい……です」

「日向はどこを触られたらキモチいいの?」

「んっ、クリ……トリスです……クリトリスを触られると、ビリッてして……すごく、キモチいいです……」

「そうだね、小学5年生だけど、おまんこ触られるとキモチいいね?」

「ぁうっ、キモチいい……です、小学生おまんこ……キモチいい……です」

まるで催眠にかかってしまったように、日和はボンヤリとした瞳で俺の口にする言葉を従順に繰り返す。そんな日和を見ていると、俺も辛抱たまらなくなってしまった。さっきからズボンの下で勃起したチンポが苦しくて仕方がない。

俺は我慢できずにベルトを外してズボンのチャックを下ろすと、パンツをズリ下ろして血流で膨らんだペニスを露出させた。

「日向、先生もう我慢できなくなっちゃったよ」

「えっ……ひゃっ! せっ、先生……!?」

背中を向けているせいで気づいてなかった日和は、とつぜん目の前に勃起したチンポを見せつけられて目をまんまるにする。

「日向のエッチな姿を見てたら、先生もムラムラしちゃったんだ。大丈夫、怖くないから、ほら、先生のおちんちん触ってみて」

俺は驚く日和の手を取って、強引にチンポを触らせた。

「ひぁっ!? あっ、あのっ、これっ……」

初めて大人の勃起チンポを見たであろう日和は、太い血管を浮き立たたせたグロテスクな肉棒から顔を背けながらもチラチラと横目で見ている。

「すごく大きいだろ? 男性器は興奮するとこんなに膨らむんだ。これが勃起なんだよ。ほら、よく触ってみて、どんな感触か言ってごらん?」

「あっ、あうっ……すごく大きくて、硬くて……それに、とっても熱いです……さきっぽから、透明なおつゆが出ててる……」

てっきり慌てふためいて逃げようとするのかと思ったが、日和はおどおどしながらも言う通りにチンポを触りながら感想を口にした。押しに弱い性格もあるが、日和は俺が思ってたよりも性に対する興味が強いのだろう。

「ああ、これはね、カウパーっていうんだ。女の子と同じでね、男も興奮すると、オチンチンからヌルヌルのお汁が出るんだよ」

「そっ、そうなんですね……」

「それじゃあ、先生と一緒にオナニーしてみようか?」

「ふぇっ!?」

「大丈夫、大丈夫! これは二人だけの秘密だから、それに、日向だけじゃなくて、先生もキモチよくなりたいんだ、一緒にオナニーすれば二人でキモチよくなれるじゃないか。だからさ、な? いいだろ?」

「あっ、あぅっ……わかり、ました……」

うっは! マジかよ!? 日和ちゃんてば押しに弱過ぎて将来悪い男に引っかからないのか先生心配になっちゃうぞ!? あっ、悪いロリコン野郎は先生だったわゴメンなぁ!!!

こうして、夢のようなJS少女との相互オナニーが始まった。

【11話】JS少女と相互オナニーで射精するロリコン先生【エロ小説】
「ほら日向、もっとこっちに来て、先生におまんこが見えるように座るんだ」「えっと、こっ、こうでしょうか……?」俺たちは互いにズボンとスカート、そしてパンツを脱いで下半身を露出した状態になると、向かい合わせでM字に足を開いて座った。その...
タイトルとURLをコピーしました