スポンサーリンク

【35話】プライドの高いキツネ耳美人受付嬢に種付けプレスで膣内射精【エロ小説】

神乳搾ります神乳しぼります!

「ふぅっ♡ ふぅぅっ♡ はぁっ……はぇっ?」

アドニスに乳房を揉まれた瞬間、激しい快感が胸を伝って身体中にかけめぐると、胎内から湧きあがってきた快楽に抗うこともできず、フォーリは一瞬でイカされてしまった。

当の本人はビクビクと体を痙攣させながら、自分の身に何が起こったのか分からず目をまたたかせる。先ほどまで感じていた股の痛みはすっかり消え失せ、むしろ今は。胎内の奥深くで子宮に熱い疼きを感じていた。

「ひぅっ♡ んぅっ♡ なっ、なんですか……これっ、ふうぅンッ♡」

フォーリとて、オナニーの経験ぐらいはある。しかしそれは指で膣口を浅くいじる程度のもの。こんなふうに胎内が火照るように熱くなったことなど一度もなかった。

熱に浮かされ、ぼうっとするフォーリの潤んだ瞳が、無意識にアドニスの肉棒を見つめる。

太く、長く、血管を浮き立たせ、まるで鉄杭のようだ。しかし、さっきまであんなに恐ろしく感じていたのに、今はその猛々しさに心臓がドキドキと高鳴ってしまう。

「あっ、アドニスさん……いったい、わたしに何をしたんですか……!?」

「大丈夫ですから、俺に任せてください」

「やっ、ちょっ、ちょっと待って、いま触られたらわたし……あぁッ♡ ひぃィイッ♡♡♡」

逃げようとしたフォーリはアドニスの逞しい腕で抱き寄せられ、豊満な乳肉を揉みしだかれると、さらなる【搾乳】の快楽によって嬌声をあげて身悶えた。

大きさも弾力も申し分のない、ふくよかな乳房が手の中でムニュンムニュンと形を変える。

力強いが乱暴ではなく、どうやって触ればお乳が気持ちよくなるのかを完璧に熟知したような滑らかな手つき。痛みは微塵もなく、それどころか、指の触れた箇所から痺れるような快感がほとばしり、フォーリは激しい快感で頭の中をかき乱される。

「んおぉおォッ♡♡♡ おぉほぉっ♡ んおぉぉオォっ♡♡♡♡」

いつも上品な笑みを崩すことなくギルドの受付に立つフォーリの口から、まるで獣のような下品なアクメ声がひり出される。乳房を揉まれ、だらしなく口を開けて喘ぐ姿はもはや別人だ。

アドニスの指が大きく突き出でた乳首をギュッと強く摘み上げると、フォーリは口からヨダレを垂らして体をのけ反らせる。

「おぅぅんんっ♡ おほぉ♡ おぉっ♡ んおぉォぉぉっ♡♡ らめぇっ♡♡ れちゃぅぅっ♡♡ なんかれちゃうのぉ♡♡♡ 」

乳首から電流を流されたように体を震わせながら、フォーリは自分の乳房の中に何かが込み上げてくる感覚にイヤイヤと顔を振った。

「ガマンしないで、いいんですよフォーリさん。お乳が出ちゃいそうなんでしょ? 出していんですよ、ほらっ、ほらっ!」

アドニスは母乳が噴き出そうとしているのを察して、グリグリとことさら強く乳首を捻り上げた。

「ンぉぉっおぉおオオォッ♡♡♡♡♡」

メス声が部屋に響きわたり、乳首から乳白色のミルクがぷしゃっと勢いよく吹き出した。

「あひぃィィぃっ♡♡♡ はえぁぁあっ♡ なっ、なんれぇ……わらひ、おっぱい……ひぅうんっ♡♡♡」

自分の乳房から母乳が吹き出す光景に、フォーリはもうわけがわからず、どうして自分の乳房から母乳が吹き出しているのか、アドニスに胸を揉まれているだけで、どうしてこんなに気持ちがいいのか、けれど激しすぎる快楽に思考は溶かされ、フォーリはされるがままに淫らな嬌声を上げながら母乳を撒き散らすことしかできなかった。

アドニスは吸って欲しそうにピンッと膨らんだ乳首を口に含んで、チュゥッと吸い上げた。甘くてほのかに温かな母乳が口の中を満たし、唇を窄めてチュパチュパと吸うほどに母乳は溢れ出る。

「んひぃぃ♡ あぁっ♡ ぁあっ♡ んふぅんぅぅ♡」

フォーリの意思ではどうすることもできないのだろう。アドニスが乳房を吸うのをやめて口を離しても、乳首からは母乳がポタポタと垂れ流された。

「ほら、見てくださいよ。フォーリさんのおっぱい、こんなにいやらしく母乳を垂らしてますよ」

「あぁっ♡ ちがうのぉ♡ こんなのちがうのぉ♡」

フォーリは快楽と羞恥で赤くなった顔を両手で隠そうとする。その姿に欲情したアドニスは意地悪く乳首を指で刺激しながら、悶えるフォーリに顔を近づけた。

「ねえフォーリさん、キスしましょうよ、いいでしょ?」

「らめぇっ……キスはらめぇ……」

発情して呂律も怪しくなりながら、それでもフォーリはロマンチックなファーストキスの幻想を守ろうと顔を背ける。しかし、そんなささやかな抵抗は興奮した男の前では無駄だった。アドニスは手でフォーリの顔を自分へと向けさせると強引に唇を奪った。

「んむぅっ、んぁっ、んふっ♡ ふぅんっ♡ んんんぅっ♡」

動けないように顔を押さえつけられ、無理やり舌をねじ込まれ、口内に生暖かい唾液が流れ込んでくる。乙女の淡い幻想はオスの欲望によって無残に打ち砕かれてしまったが、ヌルヌルと口内粘膜が擦れ、アドニスの舌が生き物のように絡みつくと、やがてフォーリは抵抗するのをやめて、自分から舌を絡めるようになった。

「んぷっ♡ ちゅぱっ♡ あんぅっ♡ んっンンッ♡ ちゅぷっ♡ れろっ♡ くちゅっ♡ んんぅン♡」

口腔で激しく交わる卑猥な舌交尾。手で耳を覆われているせいで、ぬちゅっぬちゅっと舌が絡む卑猥な音が頭の中で反響する。

息をするのも忘れて長いこと交わらせた口が離れると、フォーリは瞳を蕩けさせ完全に骨抜きになっていた。

「んふぅっ♡ ふぅぅんっ♡ キスはらめっていったのにぃ♡♡♡」

口元を涎でべっちょりと汚し、弛緩してだらしなく開かれた股間は洪水のように溢れた愛液でベッドに染みを広げていた。

アドニスの手が触れると、蜜液でトロトロにほぐれた膣穴に指の先がヌプリとたやすく飲み込まれ、ぐちゅぐちゅと掻き回される。

「あひぃぃいっ♡ おっ♡ おほっ♡ んぉぉっ♡」

「ほら、フォーリさんのオマンコ、もうこんなにトロトロじゃないですか、チンポが欲しくてしょうがないんでしょう?」

膣口を浅くいじられただけで、絶頂しそうなぐらいの快感に襲われたフォーリは、返事をすることもできず体をのけ反らせてビクンビクンと震える。

アドニスは頃合いと見て勃起した肉棒の先っぽをぬかるんだ膣口に押し付けた。

「あぁっ♡ ぁっ♡ ぁっ♡ あぁっ♡」

膣内にオスの生殖器が侵入しようとしているのを感じてフォーリの子宮がキュンキュンと疼く。

恐怖はない。早く挿れてほしい。オマンコをその逞しいチンポでズボズボしてほしい。

発情したフォーリは肉棒で処女膜を貫かれるのを心待ちにするが、アドニスは焦らすように入り口をクチュクチュとまさぐるだけで、なかなか挿入しようとはしなかった。

フォーリは餌を前にお預けをくらった犬のように、物欲しそうな目でアドニスを見つめた。

「どうしたんですかフォーリさん? そんなにチンポを挿れて欲しいんですか? だったら、ちゃんとおねだりしてみてくださいよ」

いつものプライドの高いフォーリであれば、調子に乗ったアドニスの言葉に憤慨しているだろう、しかし、今の彼女を支配しているのはプライドよりも抑えられない性欲だった。

「はひぃっ♡ おねがいしますぅ♡ わらひの淫乱処女まんこにオチンポずぼずぼしてくらはぃぃ♡♡♡」

メスに成り下がったフォーリの懇願を聞いたアドニスが、いっさいの遠慮もなく滾るペニスを膣内にズブリと埋没させた。

「んおぉぉオォおぉッ♡♡♡♡ おぐぅぅっ♡ おちんぽ♡ おちんぽはいってるぅぅ♡ んひぃいっ♡♡♡ あぐっ♡ んんぉおおぉっ♡♡♡♡」

途中にあった処女膜がブツッとあっけなく突き破られて肉棒が膣奥まで一気に侵入すると、破瓜の痛みすら快感に変えて、フォーリは激しい快楽の渦に呑まれて絶頂した。

「ほらっ! どうですかフォーリさん、俺のチンポがフォーリさんの処女膜やぶっちゃいましたよ!」

「んぉおぉぉっ♡♡♡ しゅごいのぉ♡♡♡ おちんぽズボズボしゅごいのぉ♡♡♡ んひぃいいイイぃぃ♡♡♡」

絶頂しながら膣奥まで到達した勃起ペニスに子宮口をズンズンと叩きつけられて、フォーリは痙攣アクメでガクガクと体を揺らして潮を吹いた。

「さっきまで処女だったのに、もうチンポで突かれながら潮吹いてヨガっちゃうなんて、フォーリさんに憧れてる男がこんなだらしない姿を見たらきっと幻滅しちゃうでしょうね!」

「ごめんなひゃいぃ♡ おちんぽきもちいいのぉ♡♡ おちんぽいいっ♡♡  おちんぽいいっ♡♡ おちんぽしゅごいぃぃ♡♡♡」

「いいんですよ、おれはそんなエッチなフォーリさんも好きですから、だからほらっ、もっと好きなだけ気持ちよくなってください、ほらっ!」

初めて男を受け入れた狭い膣に自分のペニスの形を覚えさせるように、アドニスはジュボッ!ジュボッ!と荒々しく腰を振って何度もペニスを抽送する。そのたびに、愛液でぬかるんだ肉ヒダがペニスにぬっとりとまとわりつき、ペニスをしごき立ててくる。

初めてらしいキツイ締め付けと、ペニスに絡みつく熱くぬかるんだ肉ヒダのビラビラの感触に、アドニスもたまらず呻き声を漏らす。

「うぁッ、フォーリさんのマンコ、チンポが欲しくてたまらないって感じで絡みついてきますよ、そんなにチンポ挿れられて嬉しいんですか? だったらもっとしてあげますよ! そらっ!」

「あひぃぃっ♡♡♡ おぉお♡♡ おちんぽぐるぅっ♡♡♡ んおぉおぉ♡♡♡ おなかのなかズブズブはいってくるぅ♡♡♡ しゅごいのぉ♡♡♡ おちんぽしゅごいのぉぉ♡♡♡」

完全にキマってしまったフォーリの唇を奪いながら、アドニスはさらに腰を押し付けて肉棒で執拗に子宮口をノックした。

「んフゥぅっ♡♡♡ んオオぉっ♡♡♡ ぉおおおぉ♡♡♡」

上と下の口を同時に犯されながら、フォーリはもはや何も考えられず、ただメス本能がオスの精子を求めて膣でペニスをしごくように収縮を繰り返す。

「あぁっ! 出しますよフォーリさん! フォーリさんの子宮に俺の精子が詰まったザーメン注ぎ込んで種付けマーキングしますよ! フォーリさんの子宮を俺のものにしますからね!」

「んフゥぅっ♡♡♡ ちょうらぁい♡♡♡ せいしちょうらぁい♡♡♡ おまんこにせいしビュルビュルしてぇぇ♡♡♡」

「ぐううううっぅつ!!」

ビュルルッ! ドビュッ! ビュクッ! ドブッ! ビュブッ! ビュルル!!

「んほぉおぉおおォオッ♡♡♡ せーしびゅるびゅるでてるのぉ♡♡♡ んぉおおぉぉ♡♡♡♡♡」

フォーリは無意識に受精しようとアドニスの腰に足を絡め、アドニスもまた子宮口にぐりぐりとペニスの先っぽを押しつけて自分の精子を注ぎ込む。

そして二人はこの上ない絶頂の快楽に呑まれるのであった。

【36話】巨乳キツネ娘パイズリフェラ母乳だくで【エロ小説】
大量のザーメンを射精したアドニスは、ぬかるんだ肉ヒダの絡みつく膣からペニスを引き抜いた。「んぉっ♡♡♡ おぉっ♡♡♡ ぉっ♡♡♡ ぉおぉッ♡♡♡」フォーリはいまだ絶頂の余韻でまともに動くこともできず、綺麗な顔をアヘらして、中出しされ...
タイトルとURLをコピーしました